<スポンサードリンク>

2011年04月04日

合宿免許料金・費用の教育訓練給付金

合宿免許料金・費用の支払方法は、教習所によって多少の違いがあるため、入校案内書などで確認しておきましょう。
合宿免許に行きたいけれど、費用を準備することが出来ないという方には、ローンもあります。
ローンを組む場合は、高校生や未成年で無職の方は両親の代理申込をなります。
18歳以上で仕事をしている方や大学生の方は自分でローンを組むことが出来ますが、連帯保証人が必要です。

合宿免許料金・費用の教育訓練給付金を受けることができる方というのは、
雇用保険の被保険者として雇用された期間が3年以上の場合、合宿免許教習費用の20%が給付されます。
合宿免許で教育訓練給付金の対象をなっている車種は
・大型
・大型二種
・大型特殊
・けん引
・移動式クレーン
・小型クレーン、玉掛、フォークリフト、車両系機械などです。

合宿免許料金・費用は、提示されている金額に追加費用が発生するかどうかも確認しておく必要があります。
検定試験料や登録料などが現地で追加される場合もあります。
次回は人気のある合宿免許のスポットについてお知らせしたいと思います。



・・・・

<スポンサードリンク>


posted by LISENDRIVEN at 13:18| 運転免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。